FC2ブログ
 
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■リンク
■プロフィール

こりんず

Author:こりんず
和歌山出身で現在は泉州エリアに在住。50代にして、少しだけネット依存症です。家族は家内と子ども一人。娘が自閉症スペクトラムと分かり、その後私自身もADHD(ADD)と診断されました。とある業界に長く勤め、転職してまたその業界に戻ってきました。大阪起点に見て歩いて感じたことをそんな視点で綴っていきます。ブロガリから引っ越しして、2016年8月14日再スタートしました。尊敬する明石家さんま師匠の好きなキャラWile E. Coyote(ワイリー・コヨーテ)みたいに、いつも夢というRoad Runner(ロードランナー)を追い続けております。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■地域生活(街) 関西ブログ
■貝塚情報
■(グルメブログ) 関西食べ歩き
■発達障害
■日本ブログ村ランキング貝塚情報(OUTポイント)

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「僕らは奇跡でできている」の最終回をまた見逃し配信で見た
 ゼミ会こと、子どもの進学のことなど、ささいな日常生活でにことで、よく気づくこと。それは、自分一人だけでは、どうにもできないし、どうにもならないということ。

 そう、ここから、いつものごとく、話というか、論理が飛躍するけど、僕キセを見て、もし自分の中に、光があって、それが広がっていくなら、どうにもできなくても、どうにならない時でも、その光を自分で見失わないなら、大丈夫なんだと思った。➝ドラマでは、光=自分が楽しいと思うことらしい。

 辛く悲しいこともある。このドラマの主人公は、「私は、みんなでできている。(中略)だから、遠く離れても、繋がっています。」というセリフがあって、夢に向かって行く中で、学生たちに別れを告げるシーンなんだけど、現実は厳しくとも、無理せず、自分らしく、自分ペースで楽しんでいければいいのかと思えた。
 
 そうこうしているうちに、明日に備えて、早く寝ようかと思う。また、高校の学校説明会だし、風呂も沸いてるし、いかんいかん現実に戻ろう。
 
 
スポンサーサイト


思うこと感じること | 21:43:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad