FC2ブログ
 
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■リンク
■プロフィール

こりんず

Author:こりんず
和歌山出身で現在は泉州エリアに在住。50代にして、少しだけネット依存症です。家族は家内と子ども一人。娘が自閉症スペクトラムと分かり、その後私自身もADHD(ADD)と診断されました。とある業界に長く勤め、転職してまたその業界に戻ってきました。大阪起点に見て歩いて感じたことをそんな視点で綴っていきます。ブロガリから引っ越しして、2016年8月14日再スタートしました。尊敬する明石家さんま師匠の好きなキャラWile E. Coyote(ワイリー・コヨーテ)みたいに、いつも夢というRoad Runner(ロードランナー)を追い続けております。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■地域生活(街) 関西ブログ
■貝塚情報
■(グルメブログ) 関西食べ歩き
■発達障害
■日本ブログ村ランキング貝塚情報(OUTポイント)

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

叱られのプロ、叱られ上手になる
 よく家族から叱られる。昔は母親から、今は家内から、さらに娘が参戦して、家に居どころがないということはないが、それでも平気なのは、私らしいなと。➝アカンがな!
 家の外でも、叱られ役なことは多い。私関係ないですけどでも、叱られる。➝これもアカンがな!
 で、これは巡り合わせが悪く、叱る相手が私の様子をよく見てなくて、早合点で叱る場合もある。でも、それを指摘しない。下手に言うと、私の場合は、「言い訳するな!」が待っている。それと細かなことに、あまり気にしなくなったのもある。➝かわいそうだけどアカンがな!
 このように、不運な場合も多いので、叱られるのは避けられない。開き直って、うまく叱られるように、相手に「コイツは仕方ないわ。かなわんわ。」と思わせるような方向に持っていく。この戦術を習得して実践するしかない。これは、必要にせまられ、私のADHDという障害の特質も生かして、ちゃんと聞いているけど、やっぱり興味や関心のないことは、聞いてないとか、聞こえないとかそういうことになる。➝これは、アカンとは言えんか。
 過ちを誠意をもって謝るけど、できないことや自分の性格や性質に関することは謝らないでいい。自分の性質はそうにもできないものはできないと諦める心と自分を認めることで、そのことを受け止めないと、この境地には決してなれない。私はこれで、かなり長い間苦しんできたからだ。
 もうこれは、叱られのプロの仕事、そこまで、信頼関係と人間関係を築き、人間観察をして、今それをできる環境にしてきたし、理解してくれる人を増やしてきたつもり。
 だから、自分の精神のバランスを考えると、どこかでバランスをとらんといかんと思うので。でも、残念ながら、私のバランスは健常児(普通の人々)の常識的感覚でないことはお分かりいただけると思う。
 そう思うようになった最大の要因は、昔母親が、きまじめゆえに、ノイローゼになったと聞いて、確かにマイナス思考が強いので、私もそうなる可能性を秘めており、心を労わる必要を感じたためである。
 真面目に反省はしても、必要以上に自分を責め過ぎないようにしないと、心が壊れてしまい、そのバランスがとれないと思う。だから、私はいつまでも、お気楽にしていられるんだと思う。➝肩がこる割りに、確かに肩軽いよね。ここで、なんでオヤジギャグでオチ?!




スポンサーサイト


発達障害のこと | 00:15:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad