FC2ブログ
 
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■リンク
■プロフィール

こりんず

Author:こりんず
和歌山出身で現在は泉州エリアに在住。50代にして、少しだけネット依存症です。家族は家内と子ども一人。娘が自閉症スペクトラムと分かり、その後私自身もADHD(ADD)と診断されました。とある業界に長く勤め、転職してまたその業界に戻ってきました。大阪起点に見て歩いて感じたことをそんな視点で綴っていきます。ブロガリから引っ越しして、2016年8月14日再スタートしました。尊敬する明石家さんま師匠の好きなキャラWile E. Coyote(ワイリー・コヨーテ)みたいに、いつも夢というRoad Runner(ロードランナー)を追い続けております。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■地域生活(街) 関西ブログ
■貝塚情報
■(グルメブログ) 関西食べ歩き
■発達障害
■日本ブログ村ランキング貝塚情報(OUTポイント)

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

有田みかんのおいしい時期
IMG_0803.jpgIMG_0802.jpg
 もう月が変わって12月なんで、そろそろ有田みかんは、奥(または普通)が出回る頃、早生が最盛期の11月その1か月が一番おいしいと母は言う。私は12月初旬でもうまいと思うが。
 でも、ここの良さの皮が薄い、糖度が高いのが欠点になり、逆に早めに食べないと、痛みやすいので、私と一緒?繊細でデリケートな果物と言える。

 ぜいたくな悩みかも知れないが、いつも実家で、1箱もらってくる。3人家族なので、5kgでも、傷みやすいので、腐らせることが多い。いつも思うのだが、早く食べきらないともったいない。
 みかんを作っていた頃は、食べる物がなくて、みかんをめちゃくちゃに食べ過ぎて、みかん黄疸によくなった。1日20個以上も食べたら、そうなるわ。確か家で食べるために、置いてある木から、収穫したヤツで、農薬をあまりかけてないし、見映えも良くないが、味はいいヤツだったと思う。
 
 今は、大食漢の私も、過去そんなに食べ過ぎてもう飽きた思いがあり、そんなに食べないけど、見映え、今はインスタ映えしないとなるか、薄皮で、甘さがじわ~と広がり、ぎっちりと実のある有田みかんの味が変わらず、ウマいことがうれしい。それは、JA・県や町の技術指導や、地元農家の絶え間ない努力のおかげであるそうだ。

 先日これをお土産に買っていたら、多くの人で、ごった返していた。うちの近所のスーパーでも、たくさん有田みかんが出回って、冬の風物詩である。こたつにみかんの真冬の必須アイテムが、必要な時期だが、うちははやくにこたつを廃止したので、そんな茶の間の風景がなくなってしまった。




スポンサーサイト


和歌山のこと | 16:50:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad