FC2ブログ
 
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■リンク
■プロフィール

こりんず

Author:こりんず
和歌山出身で現在は泉州エリアに在住。50代にして、少しだけネット依存症です。家族は家内と子ども一人。娘が自閉症スペクトラムと分かり、その後私自身もADHD(ADD)と診断されました。とある業界に長く勤め、転職してまたその業界に戻ってきました。大阪起点に見て歩いて感じたことをそんな視点で綴っていきます。ブロガリから引っ越しして、2016年8月14日再スタートしました。尊敬する明石家さんま師匠の好きなキャラWile E. Coyote(ワイリー・コヨーテ)みたいに、いつも夢というRoad Runner(ロードランナー)を追い続けております。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■地域生活(街) 関西ブログ
■貝塚情報
■(グルメブログ) 関西食べ歩き
■発達障害
■日本ブログ村ランキング貝塚情報(OUTポイント)

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

挙動不審で警察官に職務質問されたことがある
 私は、普段でも、ちょっとでも気になることがあると、すぐ気になる方向に目が行く。目が泳いでることが多い。人と目を合わさないことがあったり、おどおどしているわけではないが、そわそわしている印象を持たれることがある。

 最近では、夜遅く一人で歩くことは会社からの帰り以外にはない。でも、若い頃は、夜遅く徘徊ではないが、歩いていることがあった。何せ目がキョロキョロしている。警察官が巡回していて、職務質問したがるのもムリはない。
 そういうシーンは何度かあった。「おにいさん!ちょっとすいません。」でも、幸いその当時は新聞配達をしていて、新聞店の自転車に乗っていたので、「ああ。新聞屋さんね。ご苦労様。」で終わる。でも、それを辞めて、社会人になり、スーツ姿だったのね。しかも、当時は今よりさらに老け顔であった。その時警察官に「ご主人!」と言われて、少しショックだった。独身で30歳にならずして、オッサン扱いはツライ。その時も、怪しい部分はなかったので、持ち物検査までには至らなかった。(結局37歳まで独身だったわけだけど。)

 そんな話を娘にしたら、手を叩いて「あはは!」とまたしても大爆笑!挙動不審だったところが、笑うツボにはまってしまった。あのね。私は別に挙動不審になりたくてなっているわけではない。職務質問をされたくて、夜歩いていたわけでもない。偶然にそういう場面になってしまっただけなの。
 でも、これは、誰にも分ってもらえない。だから、悔しいけど、仕方ないけど、そこは娘に笑ってもらうしかない。障害者手帳をもらうくらいだから、こういう挙動不審などの行動パターンは一生直らないの。理解してもらえないの。でも、全然悲しくないよ。おしまい。


スポンサーサイト


発達障害のこと | 20:49:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad