FC2ブログ
 
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■リンク
■プロフィール

こりんず

Author:こりんず
和歌山出身で現在は泉州エリアに在住。50代にして、少しだけネット依存症です。家族は家内と子ども一人。娘が自閉症スペクトラムと分かり、その後私自身もADHD(ADD)と診断されました。とある業界に長く勤め、転職してまたその業界に戻ってきました。大阪起点に見て歩いて感じたことをそんな視点で綴っていきます。ブロガリから引っ越しして、2016年8月14日再スタートしました。尊敬する明石家さんま師匠の好きなキャラWile E. Coyote(ワイリー・コヨーテ)みたいに、いつも夢というRoad Runner(ロードランナー)を追い続けております。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■地域生活(街) 関西ブログ
■貝塚情報
■(グルメブログ) 関西食べ歩き
■発達障害
■日本ブログ村ランキング貝塚情報(OUTポイント)

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

昔素人時代のタージンに・・・
 私の通っていた学校の文化祭が今日で最後で、ホームカミングデーなるOB向けのイベントもあって、その司会をタージンがすることになった。

 その昔学生時代、彼タージンは、落研で、そこのイベントには必ず前に出張って、いつも呼び込みでしゃべっていた。
 そんな前を私は何気なく通り過ぎた。すると、タージンこと当時の高座名「地獄家但馬春(じごくや たーじまはる)」は、「そこのヤマザキパンを持って、とぼとぼ寂しそうに下を歩いているお兄さん!」といじられた。
 その時は、「わあ。面倒くせ。ホンマいらんこと言うなコイツ。」と言うくらい。あまり気に留めてなかった。もっとも、私が独特の空気を醸していたのが、タージンの目についたのかも知れない。
 
 私はこの人物が単なるでしゃばりでうるさい程度の認識しかなかったし、彼が1学年上とも知らず、その後、関西NO1ロケ芸人、食レポの達人、ビンゴゲーム司会名人になるとは思わなかった。
 でも、本学らしく、東京では見られない関西限定の芸人として、吉本興業所属はでなく、地味に、知られざる世界で確たる地位を築いていることは十分に立派である。

 

スポンサーサイト


時事刻々 | 08:31:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad