FC2ブログ
 
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■リンク
■プロフィール

こりんず

Author:こりんず
和歌山出身で現在は泉州エリアに在住。50代にして、少しだけネット依存症です。家族は家内と子ども一人。娘が自閉症スペクトラムと分かり、その後私自身もADHD(ADD)と診断されました。とある業界に長く勤め、転職してまたその業界に戻ってきました。大阪起点に見て歩いて感じたことをそんな視点で綴っていきます。ブロガリから引っ越しして、2016年8月14日再スタートしました。尊敬する明石家さんま師匠の好きなキャラWile E. Coyote(ワイリー・コヨーテ)みたいに、いつも夢というRoad Runner(ロードランナー)を追い続けております。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■地域生活(街) 関西ブログ
■貝塚情報
■(グルメブログ) 関西食べ歩き
■発達障害
■日本ブログ村ランキング貝塚情報(OUTポイント)

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

たまに感じる霊感みたいなヤツ
 このブログで、あんまりオカルトな話はやりたくなかった。仕方ないどうもそのタイミングがやってきたので、少しだけ触れてみたい。
 今日の帰り、電車が運転見送りになり、代替輸送になり、別の路線で帰った。あんまり気味が良くないが、その路線で駅から歩くと、どうしても墓場を通ることになる。夜遅い墓場は好きではない。
 どうも、体調が悪いのか、インフルエンザの予防接種の影響か?それを思うとぞっと寒気を感じた。でも、肝心の墓場では感じなくて、葬儀場も通り道にあって、そこを通る時、結構寒気がひどかった。なのに、墓場はそれほどでなく、普通であった。
 何か不思議な気持ち、今日葬儀場で亡くなった人があまりいい死に方でなかったのか?そんなことをふと感じた。どうにも、私は周期的にそういう不可解な出来事が起こり、どうにもそんな気分になったようだ、
 特に30年前にオヤジが亡くなった時、変なことがいっぱいあった。その後数年して、火の玉みたいなのを見たりとか、不定期な周期で、そういう不思議がある。知り合いが死んだときも、急に考えらないほど忙しくなったり、ときたま金縛りにあったり、いったい何なんだということばかり。
 霊感が強いわけではないと思う。きっとデジャブなんだとか?世の中分からないことが多くて、全てが解明できることばかりではないと思う。不思議な世界は、私にはあるんだと思っている。

スポンサーサイト


不思議なこと | 00:25:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad